読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐるしんがぽーる

シンガポールを気ままに散歩。あと2ヶ月ほどでどこまで巡ることができるのか。

週末タイ旅行 -アユタヤ遺跡に行ってきた その1

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

以前バンコクに滞在した際に、宿泊したホテルが良かったので再度そちらに宿泊しました。金曜日の仕事が終わった後に空港に行き、22時頃着、土日をタイで過ごしました。

 

www.sheratongrandesukhumvit.com

 

他のホテルは試したことがないので、比較対象がありませんが、ご飯がおいしいところと、サービスがとても良いところ、またアクセスが非常に良いにも関わらず、静かに過ごすことができるところなど様々な理由から、「またこのホテルに行きたい!」と思うに至り、2回目の滞在もここにすることに。

 

ここは中心部スクンビット駅から徒歩1分の好アクセス地。

ビジネスや観光などに使われるらしく、日本人もちらほら見かけます。

 

スクンビット駅には若者向けの大型モール「Terminal 21」があるためか、駅周辺の装飾も可愛い。

f:id:hogag:20160810003911j:plain

www.terminal21.co.th

 

Friday...(1st day)

到着時間が遅かったため、今夜はホテル内でリラックスし、翌日に備えることに。

お洒落ラウンジ。タイにはとっても素敵なファブリックがたくさん。

f:id:hogag:20160810012117j:plain

 

ラウンジでのリンゴジュース。おいしいけれど、サービスのピーナッツ、さつまいもチップス、おかきは完全におつまみです。笑

f:id:hogag:20160810004534j:plain

 

今日は、リンゴジュースとおつまみで満足してしまったので、このままぱたり。

おやすみなさい。

 

Saturday...(2nd day)

おはようございます。二日目。

さっそく朝ご飯を食べにきました。

f:id:hogag:20160810012554j:plain

夜は洋食レストランですが、朝はビュッフェになっています。

ビュッフェもありますが、自分で1品メインを選ぶことができ、メインのボリュームがあるので、あまりビュッフェで食べすぎないことをお勧めします笑

 

私はステーキを選びました。朝から…

今はまだ、目玉焼きの下に潜んでいます。

f:id:hogag:20160810013220j:plain

 がっつり、ジューシーなステーキをたいらげて、さっそくアユタヤ遺跡へ…

 

アユタヤ遺跡へは、船を利用したり、バスや電車を利用する。

今回は電車での移動。2時間くらい。

 

地下鉄から

f:id:hogag:20160810015222j:plain

 

鉄道ターミナルのある「ファランポー駅」へ。ここまではスムーズ。

f:id:hogag:20160810015759j:plain

 

中はかなり広々しています。

f:id:hogag:20160810015839j:plain

 

鉄道入り口

f:id:hogag:20160810020026j:plain

 

入ると鉄道が目の前に…!テンションが上がります!

f:id:hogag:20160810020243j:plain

 

列車を待っていると、いろんな乗客がいることに気づきます。

大量の野菜を前に、列車を待つ女性2人も。確実に持ちきれないであろうその荷物はどうやって運ぶのか…

 

f:id:hogag:20160810020326j:plain

 

予定時刻を過ぎても、一向に列車が到着する気配はありません。

待つホームを間違えてしまったのだろうか…不安は募ります。

 

ただ、旅行本にもよく記載されているように、タイへの旅行でスケジュールを時間単位できっちり決めてしまうのはとても危険です。

 

なぜなら、ここはタイ時間。ゆっくりゆっくり時間は流れてゆきます。

慌てない、慌てない。

 

20分ほどしたら、列車が到着しました。

特にアナウンスも掲示板もなく、本当にこの列車だろうかとまた不安になってしまいます。

f:id:hogag:20160810020800j:plain

しかし!短い車両にも関わらず、乗りたい乗客はたくさんいる。

悩んている間にも席が取られてしまったら、1時間半は立たなくてはならない…

それはちょっと辛いので、とにかく席を確保することに。

 

結局乗った後も、行き先が正しいかどうかはわからなかったけれど、10分ほどしたら突然列車が停車。なぜかはわからないけれど、この間に運転手さんが切符を確認して回っているので、ようやくここで正しい行き先であることが判明。

この後列車は停止し続け、別の不安ーこのまま無事にアユタヤへ着けるのだろうかーが募ること30分。列車はいよいよアユタヤへ向かう。

 

動いてからはとても順調。

風も涼しいし、本でも読みながら目的地へと向かいます。

 

途中で見た景色は、外でごはんを作ったり洗濯をしたりなど、地元の人々の暮らしが垣間見えたかと思えば、突然高速道路や工業団地がつづいたりなどして、興味深い列車の旅でした。

f:id:hogag:20160810022456j:plain

 

最初のアクシデント?があったからか、列車は予定時刻よりも約1時間ほど遅れて到着。

駅周辺はこんな感じ。

 

フルーツ屋さんかな?

f:id:hogag:20160810023042j:plain

 

こちらもフルーツを取り扱ったカフェのようです。

f:id:hogag:20160810023243j:plain

 

これは廃墟だろうか?雰囲気があって素敵な感じがしたけれど。

f:id:hogag:20160810023428j:plain

 

ここから、向かいの岸までのほんの5分ほど、岸に渡してもらうために小船に乗ります。船着場のようす。

f:id:hogag:20160810023749j:plain

 

向かい側は、ほんとうにすぐの距離。

f:id:hogag:20160810023956j:plain

 

船に乗って振り返ると、さっきまでいた船着場。なんだかポップな感じ…

f:id:hogag:20160810024122j:plain

 

浮き草をかき分けて。轢いてしまって大丈夫なのだろうかと思いきや、意外と逞しくバウンドしながら移動する浮き草たち。

f:id:hogag:20160810024504j:plain

 

向こう岸はこんな感じ。一気に観光ムード。

f:id:hogag:20160810024936j:plain

 

通り雨にあい、ちかくのスーパーで雨合羽を買い、雨合羽を着て歩くこと15分ほど。

可愛らしいカフェを発見。お腹がすいたので、本日はこちらでランチ。

 

f:id:hogag:20160810025059j:plain

後で知ったのだけれど、旅行本にも載ってるカフェみたい。

 

 

 わたしはほんとうにパッタイが大好きすぎて、いつも他のものをチャレンジしようと思っても、気付いたらパッタイを頼んでしまいます。

可愛い系のカフェなので、ご飯ものはそんなに期待はしていなかったけれど…
ここのパッタイもほんとうにおいしい。

期待値が低かった分、美味しさも倍に感じます。笑

なぜかレモンティーも頼んでしまいましたが、こちらもレモンの甘さが疲れを癒してくれました。懐かしい味。確かこの2品で400円かからなかったのではないかと思います。

f:id:hogag:20160811023113j:plain

 

 

その2につづく。

pripringlish.hatenadiary.jp